Archive for 4月 14th, 2018

『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』刊行記念in大阪

// 4月 14th, 2018 // 2 Comments » // アカデミー, イベント情報, サブカル, バラエティー, 終了したイベント

4月
14
13:00

4/14(土)
「《女性限定!》さびしすぎなくても行ってみたい、レズ風俗ってこんなところ!」
『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)刊行記念in大阪

open 13:00
start 14:00

前売¥1,500-
当日¥2000-
(各1drink別)

※「18歳以上」「女性」のお客さま限定のイベントです

出演 /
御坊(レズ風俗レズっ娘クラブ代表)
花房観音(小説家)
カワノアユミ(裏モノ&夜ネタライター)
山口敦子(リグレジャパン)

大阪ミナミを拠点とする女性が女性に性サービスを行うレズ風俗店『レズっ娘クラブ』。
レズビアン女性、バイセクシャル女性だけでなく、いわゆるノンケ、つまり異性愛者の女性も多く訪れています。

「お客様たちは、同じ女性とのふれ合いに何を求めているの?」
「そもそも、レズ風俗店って何するところなの?」
「どんなキャストがいて、どんなサービスをしてくれるの?」

女性が安心して性を解放し、愉しめる場所は限られています。
レズっ娘クラブは数少ない、そんな場所のひとつです。

同時に、同店は社会が勝手に“タブー”だとみなしていることを打ち破る場所でもあります。
「女性の性欲」「同性愛」「性風俗店」……いずれも、ひと昔前と比べてずいぶん知られるようなったとはいえ
まだまだタブー視されたりぎょっとされたりすることが多いもの。

レズっ娘クラブでは、さらりと乗り越えられているのです。

2018年2月、レズっ娘クラブ代表である御坊(おぼう)が『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』
(WAVE出版)を刊行しました。

自身はノンケ男子、同店を開業したときはLGBTについてもまったく知りませんでした。

今年でオープンから11年を迎える『レズっ娘クラブ』で日々起きていることと、それを通して見えてきた女性の性の現在地について、官能小説において女性同士の性描写にも定評がある小説家の花房観音さん、裏モノや夜ネタを執筆しているライターで実際にレズ風俗を体験したこともあるカワノアユミさん、アダルトグッズメーカー『リグレジャパン』に勤めるレズビアン当事者の山口敦子さんと共にお話します。

イベント来場者特典一覧
【特典1】来場者全員に、女性同士のプレイでも使える「TENGA EGG」とデリケートゾーンケア用品「iroha INTIMATE WASH」のパウチをプレゼント! さらに、抽選で10名様に大人気のセルフプレジャーグッズ「iroha stick」をプレゼントします。
【特典2】「うるおいヘルスケア」から、来場者全員に“女性同士のプレイにもやさしい潤滑剤”サンプルをプレゼント!
【特典3】「リグレジャパン」から来場者全員に「リグレジャパンオリジナルローション」プレゼント!さらに抽選で、ファンタスティックなど豪華賞品を5名様にプレゼント! 
【特典4】レズっ娘クラブより、イベントにご来場頂いた希望全員にビアンコース120分以上のご予約で追加可能な「デート60分無料」をプレゼント!!※ご希望者のみ
協賛 /
iroha
うるおいヘルスケア
リグレジャパン
信長書店
ご予約はこちらのフォームから↓
https://ws.formzu.net/fgen/S63077300/

おおかみ書房vsマニタ書房 東西エロ本大戦争!!

// 4月 14th, 2018 // No Comments » // アカデミー, イベント情報, バラエティー, 終了したイベント

4月
14
19:30

4/14(土)
おおかみ書房vsマニタ書房 東西エロ本大戦争!!
とみさわ昭仁『無限の本棚〈増殖版〉』ちくま文庫 出版記念トーク&サイン会

open 18:30 start 19:30

¥1,800- (1drink別)

出演 /
とみさわ昭仁(マニタ書房)
劇画狼(おおかみ書房)
B・カシワギ(なんば紅鶴)

史上初のコレクター心理を解き明かした本として話題を呼んだ『無限の本棚』が、大量の増補原稿を加え『無限の本棚〈増殖版〉』となって、ちくま文庫より刊行。
それを記念して珍書コレクターでもある著者とみさわ昭仁(マニタ書房)が、怪しげなエロ古書を持って大阪なんば紅鶴に襲来。
迎え撃つは、数多くのエロ劇画や謎漫画を発掘し続ける劇画狼(おおかみ書房)。
エロ珍古書とエロ劇画が火花を散らす、「東西エロ本大戦争」がついに勃発!!